ニュース

学術系リアルクラウドファンディングイベント「academist PRIZE vol.4」に協賛しました。

株式会社ビットマイスターは、2019年10月5日(土)に学術系クラウドファンディング「academist」を運営するアカデミスト様により開催されたリアルクラウドファンディングイベント「academist PRIZE vol.4」に協賛しました。

 

academist PRIZEはチャレンジャーである研究者・大学院生がそれぞれの研究の魅力を会場で発信し、その場でサポーターの方が「"創る"を応援する!」というスローガンを元にその場で研究費を支援する、その名もリアルクラウドファンティングイベントです。

 

イベントには11名の研究者が登壇、一般参加者が約30名集まりました。
「研究は未来を創る、創るを応援できる」をテーマに研究者の熱いプレゼンが繰り広げられました。

 

当社は「妊婦さんの化学療法を実現するナノカプセルの開発」の東京大学大学院の宮崎拓也様に企業特別賞を贈呈させていただきました。

 

今後も研究支援活動を積極的かつ継続的に取り組んでまいります。


アカデミスト様より開催レポートが出されています。

研究は未来を創る、創るを応援できる 「第4回academist PRIZE」開催レポート(academistJournal)

2019/10/07       

<BitMeister × academist> マッチングファンドの公募を開始しました。

企業マッチング型クラウドファンディング

 

株式会社ビットマイスターは「最先端の研究成果を世に展開する」ことを目的に研究開発サービス会社として主にシステム開発面から研究活動を支援してきました。
この度は、学術系クラウドファンディングサイト「academist」を運営しているアカデミスト様の仕組み※注1を活用し新たな研究者支援を行うことにしました。
謎の解明に向けて費用が足りない、今後より大きな研究取り組むために現行の活動を加速させたいなど、次代を担う若手研究者の応募をお待ちしています。

 

参考URL:http://bitmeister.academist-cf.com/

 

<BitMeister × academist>マッチングファンドでは、クラウドファンディングに挑戦したいと考えている博士号取得後5年以内の若手研究者、または大学院生を複数名募集し、academistのクラウドファンディングページに掲載します。クラウドファンディングが成立した場合、ビットマイスターとacademistの特別マッチングファンドとして、各プロジェクトに20~50万円の追加支援を実施いたします。

≫ 続きを読む

2019/09/17    プレスリリース   

平成31年度 夏季休業期間のお知らせ

平素より株式会社ビットマイスターをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

 

弊社では下記日程を夏季休業とさせていただきます。

夏季休業期間:2019年8月10日(土) ~ 2019年8月18日(日)

 

休業期間中にいただきましたメール、FAX等のお問い合わせにつきましては
8月19日(月)より順次対応させていただきますので、予めご了承ください。

 

お客様には大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど、宜しくお願い申し上げます。

2019/08/01       

日刊工業新聞 2月4日号にて弊社が紹介されました。

日刊工業新聞 2月4日号に、弊社の紹介記事「経営ひと言/ビットマイスター・笠原勉社長「ITでサポート」」が掲載されました。

https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00504904

2019/02/15       

2019年2月6日~8日でパシフィコ横浜開催される第40回工業技術見本市 「テクニカルショウヨコハマ2019」に、ミュージアム向け展示解説アプリ『muBe』とデジタルサイネージを利用した「防災情報提供システム」出展します。

2019年2月6日~8日でパシフィコ横浜開催される第40回工業技術見本市 「テクニカルショウヨコハマ2019」に、ミュージアム向け展示解説アプリ『muBe』とデジタルサイネージを利用した「防災情報提供システム」出展します。

 

ミュージアム向け展示解説アプリ「muBe」を利用した災害対応防災情報システムは、スマートフォンとBLE技術を使った外国人観光客向けの避難誘導システムです。

訪日外国人の方が観光施設を訪問した際、状況(通常時・災害発生時・避難時)に応じて最適な情報をスマートフォンで受け取れることを目指しています。

 

「デジタルサイネージ型防災情報提供システム」は、店舗等に設置されたデジタルサイネージに専用装置を接続することで、災害発生時に緊急情報表示に切り替えるシステムです。画面切り替えと同時に音声、パトランプなどでも注意を促します。

ワンタッチでのリモコン切り替え操作に加えて、緊急地震速報と連動して自動的に切り替えることもできます。

画面表示や音声は4か国語に対応しています。

 

本システムは、さいたま市のイノベーション技術創出支援事業に採択され、埼玉大学産学官連携協議会防災ビジネス研究会にて研究開発を進めているものです。
埼玉大学産学官連携協議会防災ビジネス研究会は、県や市の防災関係部署担当者、社会インフラ管理業者、埼玉大学の防災関連研究者によって構成されており、効果的な防災・減災情報提供の仕組み作りの検討をしています。
弊社は主にシステム開発を担当しています。

 

今回の展示会では、さいたま市のブースにてコンセプトモデルを展示します。

2019/02/01       

埼玉りそな銀行様の協力を得て実証実験を行った「デジタルサイネージ型防災情報提供システム」が各種メディア(J:COM、テレ玉、埼玉新聞、日刊工業新聞、日本経済新聞)にて紹介されました。

2019年1月17日 J:COM ニュース報道『デジタルサイネージ型防災情報提供システム』

2019年1月17日 テレ玉 ニュース報道『デジタルサイネージに防災情報流す実証実験/埼玉県

2019年1月18日 埼玉新聞 記事掲載 『電子看板に緊急速報 次世代型避難誘導へ』

2019年1月21日 日刊工業新聞 記事掲載 『電子看板で防災情報提供 デサンなど、産学官で開発・実証

2019年1月23日 日本経済新聞 記事掲載 『電子看板で防災情報 デサンなど開発


実証実験に関しては下記URLのさいたま市ホームページをご参照ください。
https://www.city.saitama.jp/006/014/008/003/007/010/p063090.html


【本件に関する弊社問い合わせ先】
担当:笠原
Mail:info@bitmeister.jp

2019/01/23       

2019年1月17日に「デジタルサイネージ型防災情報提供システム」の実証実験を行います。

詳細は下記URLのさいたま市ホームページをご参照ください。
https://www.city.saitama.jp/006/014/008/003/007/010/p063090.html

2019/01/16    プレスリリース   

平成30年度 冬季休業期間のお知らせ

平素より株式会社ビットマイスターをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

 

弊社では下記日程を冬季休業とさせていただきます。

 

冬季休業期間:2018年12月29日(土) ~ 2019年1月6日(日)

 

休業期間中にいただきましたメール、FAX等のお問い合わせにつきましては

1月8日(火)より順次対応させていただきますので、予めご了承ください。

 

お客様には大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど、宜しくお願い申し上げます。

2018/12/20       

2018年11月7日に埼玉大学で開催される「埼玉大学産学官連携協議会 第19回産学交流会テクノカフェ」に、災害対応防災情報システムを出展します。

2018年11月7日に埼玉大学で開催される「埼玉大学産学官連携協議会 第19回産学交流会テクノカフェ」に、災害対応防災情報システムを出展します。

 

http://www.saitama-u.ac.jp/seminar_archives/2018-1015-1636-9.html

2018/11/06    プレスリリース   

2018年8月25日に開催される「平成30年度さいたま市総合防災訓練・防災フェア」に、ミュージアム向け展示解説アプリ「muBe」を利用した災害対応防災情報システムを出展します。

ミュージアム向け展示解説アプリ「muBe」を利用した災害対応防災情報システムは、スマートフォンとBLE技術を使った外国人観光客向けの避難誘導システムです。
訪日外国人の方が観光施設を訪問した際、状況(通常時・災害発生時・避難時)に応じて最適な情報をスマートフォンで受け取れることを目指しています。

本システムは、埼玉大学産学官連携協議会防災ビジネス研究会にて研究開発を進めているものです。
平成29年さいたま市のイノベーション技術創出支援事業に採択され、2月~3月までさいたま市盆栽美術館にて実証実験を行いました。平成30年も引き続き支援事業の採択を受け、発展的開発を進めています。

埼玉大学産学官連携協議会防災ビジネス研究会は、県や市の防災関係部署担当者、社会インフラ管理業者、埼玉大学の防災関連研究者によって構成されており、効果的な防災・減災情報提供の仕組み作りの検討をしています。
弊社は主にシステム開発を担当しています。

 
今回の展示会では、さいたま市の経済局のブースにて展示します。

http://www.city.saitama.jp/001/011/015/005/p059817.html

2018/08/22    プレスリリース   

〒330-0064 埼玉県さいたま市浦和区岸町7-11-2 松栄浦和ビル201号

TEL: +81-(0)48-711-1930
FAX: +81-(0)48-711-1931