製品

自社開発のソフトウェア製品になります。導入システムに合わせたカスタマイズも承っております。

詳細についてはセールスまでお問い合わせください。

 

通信負荷発生ツール

「通信負荷発生ツール」はクライアントとサーバ間の通信を模擬します。本アプリケーションを用いて任意の通信負荷をクライアントとサーバ間で発生させることができます。

主な特徴

  • TCPもしくはUDPの通信に対応
  • 片方向もしくは双方向の通信に対応
  • 送信間隔、送信データサイズを指定可能
  • サーバ側は複数クライアントとの通信に対応
  • スループット、パケットロス等の各種統計情報の出力

想定シーン

  • ネットワークの性能評価
  • アプリケーショントラフィックの模擬

動作環境

OS: Ubuntu 16. 04 LTS

 

※導入環境に応じたカスタマイズも承ります。

※上記以外の環境での動作対応についても承ります。

アプリケーションエミュレータ

「アプリケーションエミュレータ」は「通信負荷発生ツール」のGUIフロントエンドです。通信負荷発生ツールと組み合わせることで容易にアプリケーションのトラフィックを模擬することができます。

主な特徴

  • 通信負荷発生ツール(クライアント)をブラウザから操作することが可能
  • 起動パラメータをプロファイルとして事前に登録しておくことが可能
  • クライアントを複数同時に起動することが可能
  • 通信負荷発生ツールの統計情報をブラウザ上でリアルタイム可視化することが可能

動作環境

  • サーバ 
    OS: Ubuntu 16.04 LTS
  • GUI 
    ブラウザ:Google Chrome

 

※実況環境に「通信負荷発生ツール」がインストールされている必要があります。

※GUIの画面カスタマイズも承ります。

※上記以外の環境での動作対応についても承ります。

可視化表示プラットフォーム

「可視化表示プラットフォーム」はシステムの振る舞いを可視化するためのミドルウェアです。本ミドルウェアの提供するコンポーネントを用いることでシステム可視化GUIの開発を効率的におこなうことができます。

コンポーネント

  • ネットワーク構成図
  • Spectrum Usage Map

想定シーン

  • システム全体の振る舞いの可視化
  • システム状態の把握

動作環境

ブラウザ:Google Chrome

 

※上記以外の環境での動作対応についても承ります。
※本ミドルウェアを用いたシステム可視化GUI開発も承ります。

※ 「Ubuntu」は、Canonical Ltd.の商標または登録商標です。

※ 「Google Chrome」は、Google Inc.の商標または登録商標です。

〒330-0064 埼玉県さいたま市浦和区岸町7-11-2 松栄浦和ビル201号

TEL: +81-(0)48-711-1930
FAX: +81-(0)48-711-1931