サービス実績一覧

通信プロトコル拡張評価システム

第5世代移動通信システム(5G)における複数無線システムの最適利用のための、通信プロトコルの拡張と評価を行うシステムです。

Linux Kernelを拡張し、複数周波数帯の同時活用のための通信制御を行うルータを実装し、使用しているアプリケーションやトラフィックの量、設定に応じた利用回線の制御を実現しました。また、トラフィックの変化や通信制御の状況をリアルタイムに可視化し通信時の性能をグラフィカルに表示するGUIを開発しました。

OS
  • Linux
  • Windows
開発言語
  • C
  • Go
  • Javascript
特徴
  • Linux Kernelの拡張開発
  • デモンストレーションを考慮したシステム提案
開発項目
  • Linux Kernelの拡張 (通信プロトコルの拡張)
  • 拡張通信プロトコル対応サーバ、ルータ
  • ルータ制御・通信状況表示画面
  • デモンストレーション向け4K動画再生画面
  • MPTCP

ID/ロケータ分離型モバイルセンサシステム向け装置

ID/ロケータ分離型モバイルセンサシステムを構成する装置として、Androidタブレットをベースとしたモバイルゲートウェイ装置と、RaspberryPiをベースとしたモバイルセンサー装置を開発。両装置に対して、ID/ロケータ分離アーキテクチャであるHIMALIS(*)カーネルのポーティング及び各種制御ソフトウエアの実装を行うことで、ID/ロケータ分離方式に対応したモバイルセンサシステムを実現しました。

*HIMALIS: Heterogeneity Inclusion and Mobility Adaptation through Locator ID Separation

「モバイルゲートウェイ装置」

OS
  • Android
開発言語
  • C
  • C++
  • Java
  • Python
特徴
  • AndroidへのHIMALISカーネルポーティング
  • IEEE802.15.4のコーディネータとして6LoWPANに対応
  • 内蔵無線LANに加え、増設無線LANを同時利用可能

「モバイルセンサー装置」

OS
  • Raspbian
開発言語
  • C
  • C++
  • Python
特徴
  • Raspberry PiへのHIMALISカーネルポーティング
  • IEEE802.15.4のエンドポイントとして6LoWPANに対応
  • USB接続のセンサーモジュールを通じ、温度/湿度/気圧/照度の取得が可能

スマートフォン用いた耐災害情報伝播システム

災害時に携帯電話回線やインターネット回線が使えなくてもスマートフォンを介して情報を拡散するための通信システムの検証と評価を行うシステムです。

BLE(Bluetooth Low Energy)を活用して近隣のスマートフォンを自律的に発見し、Wi-Fiネットワークを構築することによって、それぞれの端末がもつ情報の差分を吸収し、情報の共有と拡散を行います。

本システムでは、本システムの検証・評価の結果や研究成果をその都度フィードバックし、性能向上のための改修や機能拡張を繰り返し行なっています。

OS
  • Android
  • iOS
  • Raspbian
特徴
  • スマートフォン向け測定・評価アプリ開発
  • BLE(Bluetooth Low Energy)とWi-Fi Directを協調させて動作
  • 本システムを利用したアプリケーション開発向けAPIライブラリの提供
  • 検証・評価用アプリケーションの開発
  • 異なるプラットフォームへの実装検証・適合調査

※Bluetoothは米国Bluethooth SIG, Inc. の登録商標です。

ミュージアム向け展示解説アプリ muBe (ミュービー)

muBeはiOS、Androidに対応したミュージアム向け展示解説スマートフォンアプリケーションです。
BLE(Bluetooth Low Energy)ビーコンを利用した屋内測位技術により来館者の近傍にある展示の解説を自動で通知し、表示や音声再生を行います。
muBeをインストールすることで、来館者は手持ちのスマートフォンを自分専用の展示解説機として使うことができます。

muBeでは、博物館など展示をする施設運営者や展示評価関連の研究者に向けて来館者の導線や滞留時間を可視化する機能を備えています。
2016年9月9日 から2017年3月5日まで、国立科学博物館と協力し、同館の地球館2階、3階ならびに地下1階の展示解説を来館者に提供しました。

muBeの詳しい情報はこちらをご覧ください。
http://mube.info/

※ Bluetoothは米国 Bluetooth SIG, Inc. の登録商標です。

教学IR SDL支援システム

教学IR (Institutional Research) データを用いて大学の学生の科目選択を支援するシステムです。
学生自身の自己管理傾向を分析し、科目の授業が求める学生像とのマッチングを行うことで、学生の科目選択を支援します。

本システムでは、利用者に直感的に分かりやすいシステムとなる様、論文や構想段階のアルゴリズムを元にプロトタイプを開発し、研究者の方と一緒に検証とシステムへのフィードバックを繰り返し行いました。

学術サーバ保守・運用支援

大学のゼミや研究室、プロジェクトで使用されるサーバのオペレーティングシステム、ミドルウェア、アプリケーションのセキュリティ保守サービスを行っています。

学内のセキュリティポリシーに準拠したい、サーバ管理者が流動的で専任の担当者がおらず困っているなど、学術組織特有のニーズに合わせたセキュリティ対策をスモールスタートで開始できます。

導入ソフトウェア・サービスの一例
  • 不正侵入・攻撃検知と遮断
  • セキュリティパッチ検証・導入
  • 死活監視
  • バックアップ
  • アプリケーション不具合調査・アップグレード
  • セキュリティ向上や可用性向上のための情報提供

科学リテラシー情報集積システム

知の循環型社会における対話型博物館生涯学習システムの構築に関する基礎的研究として、国内外約20の協力館で研究調査「PCALi(ピ☆カ☆リ)」が行われました。

科学リテラシー情報集積システムはPCALiで必要となる博物館の学習資源や、利用者が学習資源を活用し、学んだ成果や履歴等のデータを蓄積・デジタルアーカイブ化を行うWEBシステムです。

当社ではサイエンスコミュニケーションの知識を活用し、研究目的に合わせたデータの収集・蓄積・分析方法について、システムの提案から設計、開発、完成後の運用までトータルで手掛けています。
将来的に海外システムとの接続できるように、国際的なデジタルライブラリの標準規格であるIEEE1484.12およびRFC5013との連携を考慮して設計しています。
また、サーバ環境については想定される登録ユーザ数、アクセス数などに基づく選定、ドメイン取得やDNS設定等も行っています。
 

学生指導のための教職員支援システム

大学が保有する様々なIR(Institutional Research)データから機械学習を使用して留年する可能性のある学生を検出し、教職員の学生指導を支援するシステムです。

本システムでは、留年のリスクのある学生を予測する、研究者の方が考案したアルゴリズムを実証するため、データウェアハウスを構築し、収集したデータを機械学習を使用して分析する機能を実装しました。

端末間協調・連携による省電力通信

近隣の複数のモバイル端末を連携させ、グループ単位での周波数利用効率と電力効率の向上を目指す、モバイル端末間協調による省電力技術研究のための最適化アルゴリズムの実装とアルゴリズムの検討、評価のための測定・可視化ツールを開発しました。

Bluetoothを用いて形成された端末連携制御用の小規模ネットワークPAN(Personal Area Network)内でモバイル端末を協調・連携させるための情報を共有し、PANネットワーク内の複数のモバイル端末が、基地局と通信する特定のモバイル端末を介して通信することによって周波数利用効率と電力効率の高いネットワークを実現しています。

OS
  • Android
特徴
  • スマートフォン向け測定・評価アプリ開発
  • BLE(Bluetooth Low Energy)活用

※Bluetoothは米国Bluethooth SIG, Inc. の登録商標です。

新世代ネットワーク実証実験システム開発

新世代ネットワークの基盤となる通信プロトコルを実際に動作させ、その上で様々な通信を行いながら検証・評価を行うための実験システムです。研究論文に基づいたシステム全体の設計と開発、世界規模のネットワーク実験場を利用した評価測定のサポート、デモンストレーションビデオの作成を含むアウトリーチのサポートを手がけています。

OS
  • Linux
開発言語
  • C
  • C++
  • Java
  • Python
特徴
  • IPv4/IPv6両対応
  • 実際の運用を想定した大規模環境での試験に対応
  • 独自の認証方式を当社より提案
開発項目
  • 通信プロトコルライブラリ
  • 通信サーバおよびクライアント
  • 通信状況表示画面
  • 動作デモンストレーションビデオ

〒330-0064 埼玉県さいたま市浦和区岸町7-11-2 松栄浦和ビル201号

TEL: +81-(0)48-711-1930
FAX: +81-(0)48-711-1931