ニュース

ミュージアム向け展示解説アプリ「muBe」、 国立科学博物館で試行実験を開始します。

ミュージアム向け展示解説アプリ「muBe」、
国立科学博物館で試行実験を開始


~BLEビーコンと連動し、
科博の展示情報を手持ちのスマホで楽しむアプリ~

株式会社ビットマイスター(所在地:埼玉県さいたま市、代表取締役:笠原 勉)は、国立科学博物館(所在地:東京都台東区、館長:林 良博)と協力し、来館者動態調査の実証実験を、BLE(Bluetooth Low Energy)ビーコンによる屋内測位技術を用いたミュージアム向け展示解説アプリ「muBe(ミュービー)」でおこないます。
なお、同館の地球館2階、3階ならびに地下1階の展示解説を来館者に試験的に提供します。

「muBe」: https://mube.info


■「muBe」について
「muBe」はiOS、Androidに対応したミュージアム向け展示解説スマートフォンアプリケーションです。
BLEビーコンを利用した屋内測位技術により、来館者の近傍にある展示の解説を自動で通知し、表示します。気になった展示は、SNS連携機能を使って共有することもできます。また、「muBe」には解説文を自動で音声に変換して再生する機能があり、来館者は解説を聞きながら展示を鑑賞することが可能になります。「muBe」をインストールすることで、来館者は手持ちのスマートフォンを自分専用の展示解説機として使うことができます。
さらに「muBe」は、博物館など展示を有する施設運営者や展示評価関連の研究者に向けて、来館者の動線や滞留時間を可視化する機能を備えています。「muBe」は、来館者への情報発信による満足度向上だけでなく、動態調査・研究の分野においても有用なシステムであり、今後さらなる展開を行ってまいります。

・アプリ動作要件
top_logo.png iOS 8以上、Android 5.0以上が動作するBLE搭載スマートフォンに対応
・詳細表示およびアプリダウンロード URL
https://mube.info

※Bluetoothは米国 Bluetooth SIG,Inc.の登録商標です。
※本実験はJSPS科研費24220013による助成を受けて実施しています。


・画面イメージ
展示解説画像.jpg
展示解説画面


来館者動態可視化画面.png
来館者動態可視化画面


【施設概要】
名称: 国立科学博物館
住所: 東京都台東区上野公園7-20
URL : http://www.kahaku.go.jp


【企業概要】
名称 : 株式会社ビットマイスター
住所 : 埼玉県さいたま市浦和区岸町7-11-2
代表者: 代表取締役 笠原 勉
URL : http://www.bitmeister.jp


【本件に関するお問い合わせ先】
担当: 堀江
Mail: info@bitmeister.jp

≫ 続きを読む

2016/09/09    プレスリリース   

弊社協力のネットワーク研究開発に関わる論文が電子情報通信学会の論文誌に掲載されました。

数年来、ネットワーク研究開発のソフトウェアの実装面で携わらせていただいていた、HIMALIS() に関する論文が電子情報通信学会の論文誌に掲載されています。
本論文の謝辞にて、当該研究開発へのソフトウェア設計・開発への弊社の協力について言及いただきました。

論文は無償公開されています。
http://search.ieice.org/bin/index.php?category=B&lang=J&vol=J99-B&num=4&abst=
http://search.ieice.org/bin/pdf_link.php?category=B&lang=J&year=2016&fname=j99-b_4_245&abst=

『ユーザ主体及びネットワーク主体の高可用ネットワークを実現するシステムの設計とソフトウェア実装 ID・ロケータ分離アーキテクチャHIMALISとロケータ自動割振プロトコルHANA?』
誌名:電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J99-B   No.4   pp.245-260
発行日: 2016/04/01
Online ISSN: 1881-0209
論文種別: 招待論文 (ネットワークサービスシステム開発論文特集)

今後も弊社のソフトウェア技術を活かし、情報通信分野研究の発展に寄与していきたいと存じます。

関連事例:
「ID/ロケータ分離型モバイルセンサシステム向け装置」
http://www.bitmeister.jp/works/archives/16
「新世代ネットワーク実証実験システム開発」
http://www.bitmeister.jp/works/archives/15

 HIMALIS:Heterogeneity Inclusion and Mobility Adaptation through Locator ID Separation

≫ 続きを読む

2016/07/01       

「医療機器等試作品コンテスト」に出展しました。


医療機器等試作品コンテスト」に試作中の高齢者見守りシステムを出展しました。

ブースにご来場いただきました皆様に御礼申し上げます。

従来の見守りシステムにはない高齢者と見守る家族のつながりを意識したコンセプトに関して多くの反響がありました。

ご来場者からいただいた貴重なご意見を今後のシステムに反映していく所存です。
 

≫ 続きを読む

2015/11/25       

LODチャレンジ2015 にデータ提供パートナーとして協賛します。

Linked Open Dataチャレンジ2015」にデータ提供パートナーとして協賛します。
提供するデータは、弊社の暦計算サービス「おはこん番地は!? API」が算出するオープンデータです。

≫ 続きを読む

2015/10/01       

芝浦工業大学主催 「さいたま市 高度ものづくり人材育成支援事業 (プロトタイプ工房)」に参加しました。

芝浦工業大学主催 「さいたま市 高度ものづくり人材育成支援事業 (プロトタイプ工房)」に参加しました。
詳細はこちら

≫ 続きを読む

2015/03/12       

本日より、弊社事務所はさいたま市浦和区へ移転いたしました。

本日より、弊社事務所はさいたま市浦和区へ移転いたしました。
移転後の事務所所在地および電話番号の詳細は、企業情報をご参照ください。

≫ 続きを読む

2012/07/27       

日本展示学会の第31回研究大会(会場:東京学芸大学)において、弊社技術表現研究所が、「工学系研究展示の展示ブースに対する印象評価の基礎調査」と題し、ポスター発表を行いました。

日本展示学会の第31回研究大会(会場:東京学芸大学)において、弊社技術表現研究所が、「工学系研究展示の展示ブースに対する印象評価の基礎調査」と題し、ポスター発表を行いました。

≫ 続きを読む

2012/06/23       

東京都中小企業振興公社が開催した「受注につなげる「展示・営業手法」講座」において、弊社代表が「展示会で自社製品を魅せる3つの大事なこと」についての講義をおこないました。

東京都中小企業振興公社が開催した「受注につなげる「展示・営業手法」講座」において、弊社代表が「展示会で自社製品を魅せる3つの大事なこと」についての講義をおこないました。
続いて10月27日には「あなたは見られている!?来場者目線で考える展示会」をテーマにしたワークショップのファシリテーターを務めます。

≫ 続きを読む

2011/10/07       

ビットラボおよびSourceForge.JPにて、オープンソースプロジェクト「BitMeister ASN.1 library for Java™」の公開を開始しました。

ビットラボおよびSourceForge.JPにて、オープンソースプロジェクト「BitMeister ASN.1 library for Java™」の公開を開始しました。[プレスリリース]

≫ 続きを読む

2011/07/04       

ビットラボにて公開中の「おはこん番地は!? API」が、日経ソフトウエア2011年4月号の特集「"使える" Web API 30選」内で紹介されました。

ビットラボにて公開中の「おはこん番地は!? API」が、日経ソフトウエア2011年4月号の特集「"使える" Web API 30選」内で紹介されました。

≫ 続きを読む

2011/07/01       

〒330-0064 埼玉県さいたま市浦和区岸町7-11-2 松栄浦和ビル201号

TEL: +81-(0)48-711-1930
FAX: +81-(0)48-711-1931